1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

有馬頼底 賛 茶道具 書短冊 画賛 「一期一会」 垣絵有馬頼底 賛 直筆 有馬頼底,賛,茶道具,書短冊,画賛,一期一会,垣絵有馬頼底,直筆 一期一会 書短冊 賛 直筆 画賛 有馬頼底 垣絵有馬頼底 茶道具 有馬頼底,賛,茶道具,書短冊,画賛,一期一会,垣絵有馬頼底,直筆 有馬頼底 賛 茶道具 書短冊 画賛 「一期一会」 垣絵有馬頼底 賛 直筆 一期一会 書短冊 賛 直筆 画賛 有馬頼底 垣絵有馬頼底 茶道具

有馬頼底 賛 茶道具 書短冊 画賛 「一期一会」 垣絵有馬頼底 賛 直筆



■要予約
■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、
 2~3週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。

■作品は、それぞれ逸品物のため、
 仕上がりが多少異なる場合があります、予めご了承下さい。

■短冊 画賛 「一期一会」 垣絵 有馬頼底 賛直筆
分類茶道具       R-O5-T-I-K-AR
-----------------------------------
【 一期一会 (いちごいちえ) 】

一期一会とは、茶道に由来する言葉。

「あなたとこうして出会っているこの時間は、
二度と巡っては来ないたった一度きりのもの。
だから、この一瞬を大切に思い、
今出来る最高のおもてなしをしましょう。」
と言う意味の、千利休の茶道の筆頭の心得。

これからも何度でも会うことはあるだろうが、
「もしかしたら二度とは会えないかもしれない」
という覚悟で人に接する心得。

千利休の弟子の山上宗二は
著書「山上宗二記」の中の「茶湯者覚悟十躰」に、
”一期に一度の会”という書き下しの一文を残している。

その考えを、幕末の大老・井伊直弼が
自分の茶道の一番の心得として、著書『茶湯一会集』巻頭で
「一期一会」という言葉にして世の中に広めたもの。
筆者有馬頼底 老大師
筆者略歴■号 大龍窟

臨済宗 相國寺派 七代管長、

金閣寺(鹿苑寺)住職、
銀閣寺(慈照寺)住職、

京都仏教会 理事長、
日本文化芸術財団 理事。

■有馬頼底 老大師

久留米藩主 有馬家(赤松氏流)の子孫。
東京にて華族の家系に生まれ、天皇陛下のご学友となる。

8歳で大分県 日田市の岳林寺にて得度。
22歳で京都 相國寺に入門し、
相國寺にて禅僧として修行を重ねる。

古代から近代に至るまでの
墨蹟・茶道具・美術工芸品などに造詣が深く、

禅宗歴史美術を通じ、広く一般に布教活動を行っている。
寸法縦 36.2cm、 横 6.2cm。
備考畳紙(たとうし)付。

新品。
取扱品: 茶道具 茶碗 棗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶  他
                 茶器・茶道具の通信販売店(通販):佐藤大観堂



   ■トップページに戻り、他の作品を見る

ワンランク上の宿で
贅沢なひとときを...
宿泊プレゼント 詳しくはこちら

新車の値引き額・見積額を調べて賢く新車購入

未使用車という選択肢もアリ?MOTAオススメ未使用車取り扱い店特集!

中古車を探す

新着中古車

中古車買取査定のMOTA車買取

しつこい営業電話は無し!交渉は高額査定した店舗に厳選!MOTAが提供する、新感覚の買取りサービス。

情報が正しく
入力されていません。
情報が正しく
入力されていません。

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿

編集企画(パーツ・用品)

新着編集記事

新車・中古車人気ランキング

新車 人気モデルランキング
中古車 人気モデルランキング

Follow us on