1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

《地元三重特産品》 今に粋る 反物色止め 洗えば洗うほど色がわいてくる藍染め木綿 永遠のファッション 送料無料 反物松阪木綿 ゆのし加工サービス 松阪もめん 《地元三重特産品》 今に粋る 反物色止め 洗えば洗うほど色がわいてくる藍染め木綿 永遠のファッション 送料無料 反物松阪木綿 ゆのし加工サービス 松阪もめん 洗えば洗うほど色がわいてくる藍染め木綿 今に粋る 永遠のファッション 《地元三重特産品》【送料無料】松阪もめん 反物松阪木綿 反物色止め・ゆのし加工サービス 洗えば洗うほど色がわいてくる藍染め木綿,今に粋る,永遠のファッション,《地元三重特産品》,送料無料,松阪もめん,反物松阪木綿,反物色止め,ゆのし加工サービス 洗えば洗うほど色がわいてくる藍染め木綿,今に粋る,永遠のファッション,《地元三重特産品》,送料無料,松阪もめん,反物松阪木綿,反物色止め,ゆのし加工サービス 洗えば洗うほど色がわいてくる藍染め木綿 今に粋る 永遠のファッション 《地元三重特産品》【送料無料】松阪もめん 反物松阪木綿 反物色止め・ゆのし加工サービス

洗えば洗うほど色がわいてくる藍染め木綿 今に粋る 永遠のファッション 《地元三重特産品》【送料無料】松阪もめん 反物松阪木綿 反物色止め・ゆのし加工サービス



阪もめんの反物です。(お仕立てが必要です)

男女どちらもご使用可能ですよ。
(男性の場合は寸法によりお仕立て不可の場合もございますので、お気軽にお問い合わせ下さい)


その他の「松阪もめん」の柄!!

【商品説明】
土の香をいっぱいふくんだ正藍(あい)染めの糸をベースに、豊富な縞のバリエーションを誇る松坂木綿は、かつては粋(いき)好みの江戸庶民のファッションでした。
五百年ほど昔、わが国で棉(わた)が栽培出来るようになると、水ハケがよく、肥料にするイワシも沢山とれる伊勢平野では、見渡す限り棉が作られ、棉作りが普及すると、この技術が木綿織りにいかされ、さらに藍を基調に暖色系のタテジマを配したものが、「機殿(はたどの)」を中心に古代から受け継がれてきた紡織の技術と結びついて、たちまち木綿織りが盛んになりました。
 それに、早くから江戸に進出した松阪商人が売りさばいたのと、お伊勢まいりの土産として全国に広まったので、「松阪もめん」は当時の江戸庶民の粋なファッションとなりました。
 松阪市周辺は古代紡織の中心地で今も麻と絹を織って伊勢神宮に納める「機殿」があります。
「松坂木綿の紡織習俗」は、国の無形民俗文化財に選定されており、洗うほど色の沸いてくる藍の青さにも似た深い物語性を秘めています。


【「正藍染松阪もめん」ご使用上の注意】
・汗や雨で湿った場合、着用中の摩擦により他の物に色が移ることがあります。
・製品によりましては、ご家庭でお洗濯できないものもございます。
・お洗濯される場合は、無蛍光洗剤をご使用ください。
・新しい間は、洗濯時に藍の色が出ます。
 他の物と一緒に洗わないでください。
・乾燥機は使用しないでください。
・干す時は、形を整えシワを伸ばしてから陰干しにして下さい。
・綿100%ですので、お洗濯により縮むことがあります。
 (ご家庭でのお洗濯は自己責任でお願いします)


素材:綿100%
【本体サイズ】巾・約39cm:長さ・約12.5m
色止め・ゆのし加工(4,200円)を、無料サービスしてお届けします。
(加工作業について:天候により1~2週間の納期が必要となる場合がございます)


ご不明な点やご不安な点などございましたら、なんなりとご相談くださいませ。
※天然藍染めにて、季節気候により1点1点の色合いが微妙に異なる場合がございます。
※モニタ・ブラウザにより色が変わる場合がございます。
※実店舗でも販売をしていますので、随時仕入れを行っていますが、在庫切れの場合もございます。

血糖変動の考え方「血糖トレンド」を治療にフィードバックするには? 血糖トレンドの基礎をわかりやすく解説
インスリンポンプで治療中の患者さん体験談やQ&A、取り扱い病院検索など
運動療法の指導と実践に関する基礎知識から実施方法まで。具体的な運動方法を動画でわかりやすく解説
管理の難しい「間食」の指導方法、間食と血糖値の関係、指導用ツールなど指導者、患者さん共に役立つ情報
3週間前から採血時までの平均的な血糖状態がわかるグリコアルブミン検査。 基礎知識と臨床現場における活用例
低カロリーでもゼロカロリーでもない、糖質の吸収速度と血糖値 の関係に着目した、食事療法の新しい発想
スマートフォン用のアプリや、WEBサービス・ツールの中から、糖尿病に関わる皆さんに役立つものをご紹介します
1型糖尿病患者さんと、指導に携わる医療スタッフのための情報を集めました。基礎知識、ヤングの会、談話室(情報交換)ほか
自宅まで届くカロリーコントロール食を利用し、自宅で糖尿病をコントロールしようという考え方。 お役立ち宅配食一覧 ▶
糖尿病の幅広い情報を医療スタッフ向けに発信するニュースレター。No.69  7月19日PDF公開開始
糖尿病の知識が3分間の動画で学べる新しいタイプの糖尿病学習ツールです。全53タイトル
糖尿病治療薬や医療機器、食事や運動など、サービス、関連情報を収集・整理してお届けします
DATA:資料
日々、更新される糖尿病ネットワークのニュース記事を、2003年までさかのぼって見ることができます。膨大な記事情報の中から、参考になる情報がきっと見つかります
世界の糖尿病最前線 世界の糖尿病最前線米国で配信されている医療関連情報HealthDay Newsの中から、糖尿病に関連したニュース記事を厳選し、日本語に翻訳・要約しお届けします
海外情報 海外情報海外の糖尿病事情、海外旅行のチェックポイント、海外の糖尿病情報を集約しました。 糖尿病アジアネットワーク ▶
糖尿病の調査・統計・数字国内・海外における各種調査・統計などから、患者数、医療費など、糖尿病に関するデータを集約しました。講演原稿や資料制作に便利なコーナーです
患者さんのほんね、医療者のホンネ 患者さんのほんね、医療者のホンネこれまでに行った多数のアンケートの中から、自由記述欄に寄せられた貴重なコメントの数々をご紹介。療養生活や指導のヒントに
ネットワークアンケートの結果糖尿病患者さんと医療関係者を対象に行ったアンケートの結果が掲載されています。さまざまなテーマで行ったアンケート結果から、医療現場の実情、患者さんと医療スタッフの本音がうかがえます
糖尿病の医療費・保険・制度 治療内容などいくつかの条件を定めて医療費を試算し、糖尿病ネットワークで実施したアンケート結果と併せてご紹介します。ひとつの目安としてご覧ください
災害に備えて地震や津波など、いざという時のために普段から糖尿病患者さんが知っておきたいことやその時の対処法をまとめました。患者さんも医療スタッフもぜひご覧ください。診療所の災害マニュアル例も
関連リンク集国内・海外の糖尿病関連サイトをリストアップ
テキスト(学ぶ)
糖尿病3分間ラーニング 糖尿病3分間ラーニング(53タイトル)糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。スマートフォン、タブレット端末、PCなどから、気軽に場所を選ばずアクセスでき、糖尿病の多様な病態と治療法を学ぶことができます
糖尿病セミナー 糖尿病セミナー(34テーマ)糖尿病セミナーは、患者さんが糖尿病について学ぶために企画された、わかりやすいテキストです。糖尿病をあらゆる側面から34のテーマ別にまとめてあります
糖尿病Q&A1000 糖尿病Q&A1000糖尿病について知っておきたい基本項目から最新情報までをQ&A形式で1000項目にまとめたものです。糖尿病に関する学習、ご自分の糖尿病の知識レベルを確認するためのテストとしてご活用ください
日本臨床内科医会プロジェクト
糖尿病のアプリ・ツール 糖尿病のアプリ・ツールスマートフォン用のアプリや、WEBサービス・ツールの中から、糖尿病患者さんや医療スタッフの皆さんに役立つものをご紹介します
糖尿病用語辞典 糖尿病用語辞典糖尿病についてわからない言葉があったら調べてみましょう。糖尿病に関係する語句を約470語とりあげ、その意味を簡潔にまとめました
目と健康シリーズ 目と健康シリーズ(32テーマ)眼の病気について、患者のみなさんに学んで頂くために企画された、わかりやすいテキストです。糖尿病患者さんに関係の深い病気も詳しく説明されています
わかりやすい病気のはなしシリーズ わかりやすい病気のはなしシリーズ(52テーマ)日本臨床内科医会病気別に最新情報が詳しく解説された患者さん向け小冊子です。糖尿病に関連するテーマもたくさん含まれています
連載・コラム
糖尿病の大規模臨床研究 野田 光彦 先生
私の糖尿病50年 後藤 由夫 先生
糖尿病「ねほりはほり」 金澤 康徳 先生
血糖自己測定(SMBG) 池田 義雄 先生
糖尿病臨床栄養1・2・3 本田 佳子 先生/金内 則子 先生
糖尿病 男の悩み 熊本 悦明 先生/清野 弘明 先生
糖尿病とお口の健康 石川 烈 先生
団体・学会・研究会
国際糖尿病支援基金
国際糖尿病支援基金では、途上国の糖尿病患者さんがおかれた状況を紹介し、同じ糖尿病の仲間として何ができるかを考えます。豊富な海外の糖尿病事情をご覧ください
[更新]2021年ドリームトラスト(インド)からの近況報告

その他の医療・健康情報については
以下のPCサイトをご覧ください

このページの
TOPへ ▲